昔のポリピュアと、今のポリピュアEXの違いを比較
薬用ポリピュアを使ってみた。

旧版のポリピュアと比べてどこが変わったのか?

私が愛用している育毛剤の「薬用ポリピュア」が、
新しく「薬用ポリピュアEX」としてパワーアップしました。

 

リニューアルにあわせたわけではありませんが、
ちょうど使っていたボトルが空になりそうだったので、
さっそくパワーアップしたポリピュアEXを注文することにしました。

 

 

ボトルを見ると、これまでのデザインに加え、
「EX」の文字がでかでかと追加されています。

 

一見、分かりにくいかもしれませんが、
並べてみるとその違いも分かりますね。

 


 (左がポリピュアEXで、右が前のポリピュアです)

 

では具体的にはどこらへんがリニューアルしたのか、比べていきたいと思います。

 

旧ポリピュアと新ポリピュアEXの違い

 

リニューアルしたEXと、以前のポリピュアの違いとして、
パッと見で分かるのは容器とパッケージの大きさですね。

 

並べてみると分かりやすいのですが、
新しいポリピュアEXのほうが大きめの容器になっています。

 


(左のポリピュアEXが一回りだけ大きいのが分かります)

 

ちなみにボトルが大きくなったからと言って、中身が増えたわけではないようで、
内容量は以前と同じく「120ml」のままです。

 

では、なぜボトルが大きくなっているのかというと、
キャップを開けるとその理由が分かります。

 

 

上の画像を見れば分かる通り、
口がプッシュ式のスプレータイプに変わりました!

 

 

以前、こちらの記事で書きましたが、
ポリピュアの欠点は、

 

 「塗りにくさ(使いにくさ)」

 

でした。

 

以前の直接塗るタイプの口では、
どうしても液だれしてしまって使いにくかったのですが、
今回のリニューアルで、見事に改善されています。

 

これで、使い勝手の部分でもポリピュアがベストになりましたね。

 


(プッシュ式のスプレータイプなので頭頂部や後頭部にも吹きかけやすい)

 

 

その他の変更部分について

 

また、成分にも多少変更が加わっているようです。
良く成分表を見比べてみると、新しく追加されている成分がありました。

 

  • 1,3-ブチレングリコール
  • 酵母エキス
  • チョウジエキス
  • ユーカリ油

 

効能はどれも血行促進や抗炎症作用があるもの。
育毛剤はもちろん、化粧品などにも使われている成分のようです。

 

さすがにボトル口がスプレータイプになっただけで“EX”はないだろうと思っていましたが、
やっぱり品質改良もされていましたね。

 

ほかにも以前は「合成香料なし」、つまり「非合成香料」が使われていたのですが、
リニューアル後は完全な「無香料」になっているようです。

 

旧ポリピュアの頃からニオイをあまり感じたことがないので、
劇的に変化したというわけではありませんが、
それでも気になる人はいたかもしれません。

 

ニオイがないなら、それに越したことはないですよね。

 

ちなみに、私の場合は使っているポリピュアがなくなりそうだったので、
ポリピュアEXを新規購入するという感じになりましたが、
定期購入をしている人は、手続き不要で新しいポリピュアEXが届くとのことでした。

 

唯一の不満材料であるボトルが改良されたのは、何より嬉しいところ。

 

新しいポリピュアEXは、以前よりはるかに使いやすくなっていますので、
薄毛対策もより楽にできそうな気がしますね。

 

 

→薬用ポリピュアの公式サイトはこちら